かに通販比較バナー809×200.jpgかに通販比較バナー809×200.jpg

HOME > かにコラム > カニ通販で失敗しない方法

カニ通販で失敗しない方法

カニ通販で失敗しない方法.jpg

かに通販の失敗体験談から学んだこと

このページではカニの通販・お取り寄せ(タラバガニ・ずわいガニ・毛ガニ等)で失敗しないための方法を解説しています。
筆者のカニ通販における失敗談を参考に、ぜひあなたのカニ通販を成功させてください。

かに姿や殻付きカニは手間が面倒くさすぎる!

カニをハサミで下処理面倒くさい重労働で手間.jpg

カニのお取り寄せや通販を数々の業者で注文してきましたが、その中で得た教訓が1つあります。

それは…

カニ姿や殻付きのカニを注文すると失敗する!

ということです。

どういうことか…

それはまず第一に、カニは殻付きのままでは食べることができません。

焼きガニであろうと、カニ鍋であろうと、カニの脚を解体したり、殻剥きなどの下処理をハサミで行うことになります。

でも、毎回カニの下処理を行いながら思うことは、とにかく…

面倒くさい!

カニの殻ってけっこう硬いんですね…

だから、割としっかり目のキッチンバサミでカニの脚を切ったり、殻を割ったり、切れ目を入れたりするんですが、かなり力がいります。

主婦にはかなりキツイ重労働です。

なので、男である僕が当然、その蟹の下処理を行うことになるのですが、男であっても、ハサミを握る手がだんたん痛くなってきて、かなりの重労働です。

カニを食べる前に、小一時間ほど、カニの下処理をしないといけないので、いつもクタクタです。

殻付きのカニの下処理はかなり面倒くさいです。

なので、近年では、僕はまずもって

ムキ身になったカニ・ポーションを注文します。

カニを買う時はムキ身のカニ・ポーションがオススメ.jpg

解凍さえすれば、すぐに食べることができます。

労力ゼロです。

おそらくどの業者でも、むき身になったポーション状のカニと、姿のままのカニや、殻がついたままのカニ脚などを販売していますが、迷ったさいには、ぜひムキ身のカニポーションで注文することをオススメします。

かに通販.png

殻付きカニは量が少ない…


殻付きカニの落とし穴は、殻剥きが面倒くさい… 
というだけではありません。

カニを通販でお取り寄せする場合は、だいたい
500グラム入り
とか
1キロとか1.5キロとか
重さで値段が設定されていますが
これ、普通に考えてわかることですが、殻付き蟹の場合は当然、殻の重さも商品の重さに含まれているわけです。

そして、蟹の総重量における殻の重さってけっこうあります。

なので、同じ1キロのカニを注文した時でも
姿カニや、殻付きカニの場合は、食べる部分の量が以外に少ないことにがっかりすることがあります。

その点、むき身のカニ・ポーションの場合は、純粋に食べる蟹肉の重さそのままなので、量という点でもがっつりと、たっぷりとカニを楽しむことができます。

一般的には、姿カニや、殻付きのカニよりも、ムキ身のカニのほうが若干、価格は高いです。

でも、殻をむく下処理の手間

実質的な量の多さ

を考えると、ムキ身のポーション・カニのほうがコスパは高いのでオススメですよ。

かに通販.png

おまけ
カニ通販ヘビーユーザーである筆者が
毎年リピ買いしている
超おすすめカニ通販がこれ
ムキ身のポーション・カニが新鮮!
満足度&コスパは最上級です。


かにコラムの関連記事

かに通販比較トップへかに通販比較トップへ